最高に楽しむことができたデリヘル

いつもデリヘルでは、指名をしない形で遊んでいました。デリヘルで遊ぶ最大の目的は、性欲を発散することです。ですからとにかく発射できれば良いと考えていたのです。しかし時には、女性に対する満足度が欲しいと思うことがありました。

指名をせずとも可愛い女性が相手になることはあります。しかしどちらかと言えば、自分が好きな女性のタイプではない方が相手になることが多いと思っていました。これは指名をしていないことから、当たり前のことです。

ですから発射ができたとしても、相手の女性に対する部分で、完全には満足できていませんでした。そこでたまにはタイプの女性と遊び、発射するだけではなく、タイプの女性と過ごす楽しい時間も味わいたいと思い、指名をすることに決めました。

気がかりだった指名料金は、想像していたよりも安かったので、あまり気になりませんでした。それよりもタイプの女性と過ごした時間の方が、私にとって価値のあるものとなったのです。

やはり性欲を満たすといっても、好きなタイプなのかそうではないのかで、終わった後の満足感は、結構差がありました。このように最高に楽しむことができたデリヘルとなったので、指名は定期的にしたいところです。

風俗では耳攻めが欠かせない

誰もがなんとかフェチみたいなものを持っていると思いますが、私は耳元でささやかれるフェチなんです。とにかく卑猥で普段絶対に日常生活では聞くことのないようなワードをささやかれるのが大好きで、風俗に行ったら絶対にこれをやってもらわないと行った気にならないくらいなんです。
またエロい言葉を投げかけられるという興奮に加えて、吐息が耳にかかるあの感覚がさらに興奮を高めてくれるのがいいんですよね。私にとって耳というのは男性器や乳首に次いで第三の性感帯なので、もう聴覚と触覚を同時に攻めてくれるささやき攻撃はそれだけで俺のイチモツがパンパンに腫れ上がるほどの大好物なんです。
そして耳たぶをまるで赤ちゃんがお母さんのおっぱいに吸い付くようにチュパチュパと舐めてくれるのもたまらなくって、ハァハァとした息づかいはどんな癒やし音楽よりも体をリフレッシュしてくれる最高のサウンドと言っても過言ではないんじゃないでしょうか。
もちろん舐められるだけではなくお返しとして風俗嬢の女の子の耳にも様々なエロい言葉や、触覚的な刺激をまったりと与えてやることも忘れてはいけません。耳を制するものは風俗を制すると勝手に考えたりしている今日このごろです。

人間の体に付いているヘソはお母さんのお腹の中にいる時に栄養をもらうために欠かせないものだと言われていますが、実際のところ生まれてしまえばなんの役にも立っていないなんて思ってはいませんか。私は基本的に体中を舐められることが三度の飯より好きなんですが、意外とヘソを舐められるのって性的な興奮を得ることが出来るんですよ。
だから風俗に行ったら耳とか乳首を舐めてもらった後にヘソも舐めてくれませんかと言うんですが、残念ながらあんまりいい顔をされた記憶って少ないんですよね。やっぱりヘソはちょっと汚いイメージが付いているから仕方ないのかもしれませんが、私のヘソは手前味噌ですが超がつくほど綺麗に手入れをされているので、全く汚くなんて無いんです。
たまにそんな俺のキレイなヘソを褒めてくれる風俗嬢の女の子もいるので、その子には徹底的にヘソを攻めてもらうようにしているんです。ヘソだけじゃなく同時に両方の手で乳首を愛撫されたらもうこの上ない喜びで、下手をしたらペニスに触る前に発射してしまうんじゃないかってくらい気持ちいいんですよね。
ヘソなんて絶対に気持よくないよと先入観がある人も多いですが、ヘソを綺麗にして一度チャレンジしてみてはどうでしょうか。

関連おすすめサイト

はてなジョブは日本橋で風俗の求人です
大阪高級デリヘルでおすすめはこちら:マリアテレジア
梅田高級デリヘルなら人気の人妻店:貴楼館
大阪デリヘル専門情報サイト:デリ天
大阪のデリヘルこちらがおすすめ:LINEGROUP

サブコンテンツ